07 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 09

フレイアのゴキブリ撲滅委員会(※写真ブログ

題名があれですが、写真ブログですよ?不定期更新です。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --. --:-- | trackback: -- | comment: -- | edit

幻のエヴァンゲリオン4号機!? 

はい、おひさしぶりです。


じっ、受験勉強で忙しくて更新できなかったのですよ!!


べ、別にアイマスステーションを聴きながらニヤニヤしてるわけじゃないですからねっ!


THE IDOLM@STER STATION!!!
http://ch.nicovideo.jp/channel/ch765


ということで始めます^^;



エヴァンゲリオン4号機なんて見たことありませんでした@@


ここまで出てくるとパイロットとかNERVの第2支部とか見てみたいですね~


既に出ていて私が見ていないだけだったらすみません^^;








Evangelion Evolutionに全身シルバーの【エヴァンゲリオン4号機】が新登場!
リボルテックヤマグチ Evangelion Evolutionプレミアム 4号機


《決定版》リボルテックエヴァ大全集!
■3つの進化。《決定版》エヴァはここがスゴイ!■

●BATTLE!《バトル》
「槍を振りかざしたアクションが決まる」
真紅の“ロンギヌスの槍”が付属。構えたり振りかざしてポージングの幅が広がります

●GIMMICK!《ギミック》
「豊富な基本装備類が付属」
パレットライフル、プログナイフ、アンビリカルケーブルの豊富な装備がアクションを盛り上げます

●ACTION!《アクション》
「エヴァフィギュアの集大成!」
軟質素材を併用し、より深くかがみ、よりのけぞらせることができるボディ。しかも関節を露出させず綺麗なシルエットを維持

Evangelion Evolutionに【エヴァンゲリオン4号機】登場
新開発の関節構造を随所に盛り込みつつ不自然な関節の露出をカヴァーし、過去のエヴァを越える外観を両立させる事に成功。きちんと体重をかけた感じや、力を一点に込めた腰のすわったポーズがとれるのは、ヤマグチ可動だけです

エヴァ4号機は『ヱヴァンゲリヲン新劇場版』の劇中会話に登場した次世代試験運用機。機体の外観デザインは「エヴァンゲリオン3号機」と共通で、全身をシルバーのカラーリングに統一。ネルフ北米第2支部において、活動時間の限界を延長する試験を行っているさなか、なぞの消滅をとげた幻の機体

オプションとして全長295mmの真紅のロンギヌスの槍、パレットライフル、プログナイフ、アンビリカルケーブルが付属。つかむ、握る、抑える、走る等、様々な演技の交換ハンド12種がアクションを演出




発送予定日2012年2月中旬

・商品仕様:PVC製(一部ABS)彩色済み完成品アクションフィギュア
・出典:『ヱヴァンゲリヲン新劇場版』より
・原型制作/山口勝久
・フィギュア全高:約140mm
・可動箇所 全22箇所
・ジョイント使用数 全16個
・オプションパーツ(全16パーツ)
ロンギヌスの槍×1、パレットライフル×1、プログナイフ×1、アンビリカルケーブル×1、オプションハンド×12、透明ディスプレイスタンドセット(10ミリ径リボルバージョイント×2)

●これまでより格段にしなやかに前後に深く曲げることができる上半身。胸を張り首筋が伸びきった雄叫びポーズも再現可能

●幾度と無く試行錯誤を繰り返してきた両肩の装甲(拘束具)の取り付け方法が、4ミリ径リボルバージョイントで上腕へ直接連結される構造へ進化

●両肩装甲が上腕と連結された事により、両腕を前方で交差できるほど広範囲に可動させても、肩装甲も動きに追従する

●腹部パーツの一部を柔らか軟質素材へ変更。上半身の曲げ可動時のテンションを軽減し、曲げたときにリボルバージョイントがむき出しになるのを防ぐ

●太腿の連結部分には、開脚にともなうリボルバージョイントの見え隠れをパーツで覆い隠す手の込んだギミックも搭載

※画像はイメージです。実際の商品とは多少異なる場合がございますので、ご了承下さい。
※この4号機はリボルテックヤマグチ Evangelion Evolution 4号機&Mark.06プレミアムBOXセットの4号機と同じものになります。
※お一人様1個限りとさせていただきます。

価格:2,980円(税込)



c6001101.jpg
c6001101_2.jpg
c6001101_3_20120213122303.jpg
c6001101_3.jpg
c6001101_5.jpg




動きは多彩なようですね


これで約3000円なので、いいかもですね~


しかし・・・・・・・。


シルバーとはすごい色ですね


宇宙空間でのMSの有視界戦闘においては黒色が有利だというのにブツブツブツブツ (← それっぽく言ってみた)


あ、もしかしてビーム跳ね返すのかな@@!


はいすみません。アカツキですね^^;





ということで、幻の4号機についてはまったくわからないのです><


調べておこうかな~と思いますが


ちと、ウィキペディアでささっと調べてみます



4号機(EVA-04 PRODUCTION MODEL)
アダムより製作された。米国NERV第2支部でのS2機関の暴走により、周りの関連研究施設と共に消滅してしまう。 TVシリーズでは外観描写は無い。形状は3号機と同一であり、カラーリングのみシルバーと異なる。ゲームなどで出現するが、それについては詳細の説明を参照。プラモデルやアクションフィギュアは発売されている。


う~ん


もっと調べる必要があるのか・・・・または情報がないかですね・・・・・。


武装はいたって普通のようですので戦闘に関してはパイロットにかかるでしょう。



それよりも、ウィキペディアを見て気づいたのですが


劇場版では今のところ8号機まで出るのですね!!


楽しみ楽しみ^^



http://www.evastore.jp/pc/article/C6001101.html



関連記事
スポンサーサイト
2012/02/13 Mon. 12:49 | trackback: 0 | comment: 0edit

コメント

コメントの投稿
Secret

トラックバック
トラックバックURL
→http://ayanami331.blog9.fc2.com/tb.php/305-05d6eb86
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。